帝国データバンク沖縄支店が7日発表した県内の社長の平均年齢は57・5歳で1990年の調査開始以来、最も高かった。売り上げ規模の小さい中小企業ほど社長の高齢化が進んでおり、同支店は「経営の先行き不安から担い手が不足している」とみている。