ノイズとともによみがえる歌謡の数々。98年前、沖縄で録音された庶民の歌声が残されていた。言語学者の北里闌(きたさとたけし)氏による蝋管(ろうかん)録音。