バブル崩壊と経済の低成長を経験した平成時代。企業は収益改善のため、リストラに追われ、業績偏重の経営が横行する中、非正規労働や教育格差などの社会のひずみも深まっていった。県内では、観光客と人口の拡大による自動車数の増加で、交通渋滞が深刻さをさらに増している。貨物量も増大し、倉庫や従業員の不足も顕在化。