沖縄タイムス+プラス ニュース

住民は投票する権利を持っている 沖縄の県民投票、不透明な状況に

2019年1月6日 05:30有料

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は昨年12月、玉城デニー知事が工事中止を求める中、辺野古沖に初めてとなる土砂投入を強行した。1996年の米軍普天間飛行場の日米返還合意後の重大局面を迎えた。一方、今年2月24日には新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票が実施される。

連載・コラム
記事を検索