仲井真弘多知事による名護市辺野古沿岸の埋め立て承認で「普天間飛行場の移設問題は片付いた」との安堵(あんど)感が米政府内に漂っている。  辺野古反対を掲げる稲嶺進氏が再選された名護市長選挙直後、日本政府は入札を公告。辺野古着工へ向け入念な準備を進めている。