キャロライン・ケネディ駐日米大使は12日午前、仲井真弘多知事と県庁で約20分間会談した。ケネディ氏は沖縄の米軍基地負担をめぐり、「米軍のプレゼンス(存在)の軽減に力を尽くしたい」との認識を示した。  ケネディ氏は、日米地位協定の環境特別協定の日米協議が12日から始まったことを報告。