県立武道館を設計した建築家で一級建築士の與儀清春さん(74)=沖縄小林流、上地流・琉球古武道錬士六段=は、那覇市立神原小学校で空手を指導して18年。子どもたちと週2回、汗を流す。「世界に誇れる、素晴らしい伝統空手。その普及型を世界に広めたい」と熱望している。