沖縄タイムス+プラス ニュース

県民配慮 前面に 移設の是非は言及避ける

2014年2月13日 06:50

 初来県したキャロライン・ケネディ駐日米大使は、予定にない稲嶺進名護市長との個別会談を約20分間行い、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する意見に耳を傾けた。沖縄の民意に配慮する姿勢を示した形だ。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気