沖縄タイムス+プラス プレミアム

県民投票:法解釈にずれ 不参加表明の宮古島市 法的に打つ手がない県の実情

2019年1月5日 12:09

 下地敏彦宮古島市長の県民投票「不参加」の意思表示は、市議会で予算案が否決された昨年12月中旬に続き2回目となる。地方自治法に基づき県民投票の実施を求めた県の「勧告」を受けても意思は変わらないとの姿勢を明確にした。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS