沖縄県内のほとんどの公立小中学校で7日、冬休みが明け授業が始まった。2学期制の学校では2学期後半が、3学期制の学校では3学期がスタート。子どもたちはクラスの友達と冬休みの思い出を話したり、元気よく新年の目標を発表したりした。

冬休みが明け、書き初めを提出する子どもたち=7日午前、那覇市・神原小学校

 2学期制の那覇市立神原小学校(児童319人)ではお話朝会が開かれ、武富剛校長が今年のえとイノシシにふれ「みなさんも目標や夢の実現へ向かって、猪突(ちょとつ)猛進で頑張ってください」と呼び掛けた。