「沖縄県知事選挙のニュース接触に関するアンケート」で、「フェイクニュースを見た」と回答した学生60人は、どのような場面で情報に接触したのだろうか。 アンケートでは、ツイッターを含む「SNS」が42人と最も多く、「インターネット」6人、「知人」と動画投稿サイト「ユーチューブ」が各2人だった。