日本で働く外国人が急増する中、労働に関する相談の需要は高まりつつある。労働分野は専門用語が多く、正確に通訳できる人材が限られる。言語の壁が立ちはだかるケースもあり、現場は外国人が増える将来を見据え、対応を模索している。