沖縄タイムス紙面掲載記事

外国人労働相談広がらず/厚労省 窓口は34カ所止まり

2019年1月7日 05:00

 全国の労働局などで、外国人労働者の労働時間や賃金の問題に外国語で対応する「相談コーナー」の設置が昨年11月末現在、26都道府県の34カ所止まりであることが6日、厚生労働省のまとめで分かった。1言語しか対応できない所が多く、出身国で多いベトナムとフィリピンの公用語は東京労働局に限られる。

 
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気