ほとんどの人が結婚した「皆婚社会」は終わりを迎えた。女性も例外ではなく、50歳まで一度も結婚したことのない人の割合を示す「生涯未婚率」は2015年に14・1%と、ほぼ7人に1人に上った。女性の社会進出や滅私奉公を求める日本の企業風土など、働き方と密接に関わる。 仕事も私生活も中途半端−。