沖縄キリスト教学院大学・短期大学の教員が西原町内の4小学校で理科の授業をサポートする「理科支援教育」が10年目を迎えた。2009年に始まって以降、実験を中心にした授業が好評で、学校は「児童の興味関心を引いている」「他教科にも好影響を与えている」と評価する。