医療機器ベンチャーのオルソリバース(横浜市、西川靖俊社長)は、再生医療に必要な幹細胞を低コストで培養できる技術を琉球大学と共同開発した。生体吸収性素材で幹細胞を増殖させ、そのまま体内に移植できるのが特徴。