沖縄タイムス+プラス プレミアム

「民意」実現へ〜住民投票の現場から(4)徳島吉野川可動堰建設 市民自治 意識高まる

2019年1月8日 15:17

 2000年1月に徳島市で実施された、国が計画する吉野川可動堰(ぜき)建設の賛否を問う住民投票。大型公共事業の是非を問う全国初の住民投票は、投票者の9割が「反対」の民意を示した。司法書士の故姫野雅義さんという一市民の疑問をきっかけに始まった運動が、国策の中止につながった。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS