名護市辺野古の新基地建設問題で、宮古島市の下地敏彦市長が4日、埋め立ての賛否を問う県民投票への不参加を再度表明した。県民投票の実現に向け署名運動に奔走した市民は「私たちの権利を奪うな」と抗議。実施反対の人々は「当然の判断だ」と歓迎した。