昨年7月の西日本豪雨によって甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛3県では、半年で計13人が災害関連死と認定された。広範囲にわたった被害を背景に申請件数は判明分だけで30と倍以上あり、さらに増えることも見込まれる。