受け流せたかもしれない。ただ、我慢すればいいし、疑問を抱かなければいいだけだ。だけど、キム・ジヨンはのみ込めなくなったのだろう。韓国社会に生きる自分が、女性だというだけで、さまざまな困難を押しつけられていることを。ジヨンには、押し殺した感情が叫びだしたかのように、異常が現れた。