全国高校サッカー選手権の2回戦が行われた川崎市の等々力陸上競技場。1−6の大差で敗れた那覇西の中心選手は別れを惜しむように最後までピッチに残っていた。応援団が陣取るスタンドに深々と頭を下げる姿が印象的だった▼主将で3年の東舟道尚吾選手。