沖縄タイムス+プラス ニュース

糸満市長に上原昭氏 刷新訴え初当選

2016年6月6日 05:03

 【糸満】任期満了に伴う糸満市長選は5日に投開票され、新人で元県知事公室長の上原昭氏(66)=無所属、自民、おおさか維新推薦=が1万3602票で、現職2期目の上原裕常氏(67)=無所属=を1434票差で退け、初当選を決めた。

上原昭氏

 当日有権者数は4万4699人(男性2万2409人、女性2万2290人)。投票総数は2万6561票で投票率は59・42%となり前回(60・83%)を1・41ポイント下回り過去最低となった。

 上原昭氏はIT企業誘致や集積施設の県整備を求める「県立南山ITパーク構想」、滞在型リゾート形成に大型ホテル誘致などを掲げ「市政刷新」を訴えた。

 同日選の市議補欠選挙はいずれも無所属で新人の新垣勇太氏(31)、元職の伊敷郁子氏(61)が当選した。

 糸満市長選開票結果

当 13602 上原昭

  12168 上原裕常

(選管最終)

 上原昭(うえはら・あきら) 1950年生まれ。市糸満出身。東京大卒。74年沖縄県庁入り。県知事公室長などを歴任、2009年退職。13年~15年6月、那覇空港ビルディング会長。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS