名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票で、県内で2番目に人口の多い沖縄市の桑江朝千夫市長が「参加しない」と明言した。宮古島、宜野湾の両市長もすでに不参加を表明しており、「民意」を問うはずの県民投票の基盤は揺れている。