名古屋市の繁華街、栄地区のシンボル「名古屋テレビ塔」(高さ180メートル)が6日、改修工事に伴う営業休止を迎え、関係者らが出席してライトアップの消灯式が行われた。1989年から30年にわたって栄地区の夜を彩った明かりは、来年7月の工事終了までしばらく見られなくなる。