「学校でしょうか。その外務省の方の出身校はどちらです?」  川村の問いに佐江(さえ)は首をふった。 「知らん。だが気になることがある」 「何です?」 「ここにかけてきたとき、俺はあの女に、初めてつとめた法律事務所の所長の名を訊(たず)ねた。