「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は7日、県庁で謝花喜一郎副知事と面談し、全市町村での県民投票実施に向けて意見交換した。面談後、記者団の取材に応じた元山代表は「全市町村で実施できるよう、できることをやっていただきたいし、その認識は県も一致して持っていた」と述べた。