【平安名純代・米国特約記者】「工事を止めるまで絶対に諦めない」-。吐息が白くなる寒空の下、県系4世のロブ・カジワラさんや平和運動家、遠方から駆け付けた県出身者らの思いがホワイトハウス前で結束した。ロブさんが提起したホワイトハウスの電子署名は8日現在、20万筆に達した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。