9秒でまるわかり!

  • 波照間島と石垣市を結ぶ船が運休。物資輸送できず島の産業に打撃
  • 島のガソリンは底をつき、黒糖製品も出荷できず倉庫にあふれる
  • 修理部品は本土から14日に到着予定で運航再開は早くても15日以降

 沖縄県竹富町の波照間島と石垣市を結ぶ貨客船「フェリーはてるま」(194トン)が故障で昨年末から運休している。貨客船は、波照間島への燃油・高圧ガスなどの搬入や、重機、農畜産物など物資全般の輸送を担うため、島の産業に影響が広がっている。

昨年末から故障運休している貨客船「フェリーはてるま」=8日、石垣市八島町・石垣港

波照間島の場所

昨年末から故障運休している貨客船「フェリーはてるま」=8日、石垣市八島町・石垣港 波照間島の場所

運航再開は15日以降

 貨客船は、昨年12月27日に石垣市へ向かう際にかじを動かす油圧モーターが故障し、同28日から運休している。運航する安栄観光(石垣市)によると必要部品は本土メーカーから14日に到着予定だが、修理や検査に時間がかかるため運航再開は早くて15日以降となる。臨時の貨客船(19トン)を11日に運航予定だが、天候次第では出港できない可能性もある。

 波照間島唯一の給油所、波照間石油販売所はガソリンの搬入停止に伴い4日から販売を制限していたが、8日午前にガソリンと灯油が売り切れた。従業員の西石垣洋さん(36)は「製糖や公共工事で需要が多い。軽油は残るが、このままでは今週持つかどうか」と不安を隠さない。

 同販売所の代表で畜産業も営む西石垣周三さん(66)は13日に石垣市で始まる初競りに向け臨時の船で出荷予定という。通常なら出荷は競りの4~5日前。「子牛の状態が心配。出したい時に出せないなんて」とため息交じりに話した。

 波照間製糖では島外に出荷できない約6千ケースの黒糖製品が倉庫にあふれそうだ。臨時の船は波しぶきが製品に影響するため利用できないと言い、金武清也事務所長は「保管場所がなければ工場を止めるしかない。早く何とかしてほしい」と願った。

 安栄観光の平安名浩文統括部長は「島の方々に不便を掛けて申し訳ない。一日も早く通常通りに運航できるようにしたい」と話した。