内閣府は8日、那覇市や豊見城市の公道で、大型路線バスを使った自動運転の実証実験を始めた。大型路線バスを使った公道での自動運転実験は全国で初めて。人工知能(AI)や日本版衛星利用測位システム(GPS)を使い、加速・減速の制御や車線維持機能など、これまで小型バスの実験で検証した成果を大型路線バスに応用できるか試みる。

実証実験が始まった自動運転バス=8日、豊見城市豊崎

 実験は3月7日までで、自動運転による運行試験のほかにバス停への正確な駐停車や、バスドライバーを乗せた試験走行などがある。また、2月18日からは一般の利用者の試乗もある。

 バスは全長10メートル、座席数20席の低床バスを使用。那覇空港-豊見城市豊崎間の往復18キロを1日6往復する。那覇空港とアウトレットモール「あしびなー」、道の駅「豊崎」の3カ所に停留所を設置し利用者が乗降できるようにする。

 内閣府は、これまでに南城市や石垣市、宜野湾市、北中城村で、小型バスによる実証実験を実施。実験で得られたデータを基に、2019年度を目標に導入予定の那覇市-沖縄市間の基幹バスで、自動運転の技術を活用できるかどうかを検討する。