全日空グループのANAウイングスの40代男性機長から乗務前、アルコール反応が出た問題で、全日空は8日、機長が社内規定に反し、乗務の12時間前を過ぎても飲酒していたと発表した。飲酒の席には30代の男性副操縦士もいたが、機長は口裏合わせを依頼。