第一高等中学校の嘱託教員だったキリスト教伝道者、内村鑑三が教育勅語の奉読式で拝礼を拒んだ。不敬と非難され、退職に追い込まれた。以後、著述を中心に活動。