沖縄県の仲井真弘多知事が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立てを昨年末に承認するまでの約1カ月間、県土木建築部などが部内の調整メモを作成していなかったと主張していることが19日、分かった。県議会調査特別委員会(百条委)の委員の資料請求に県が回答した。