玉城デニー知事は9日、県民投票の事務を実施しない意向を示している下地敏彦宮古島市長を訪ね、理解を求める。玉城知事が不参加意向を示す首長と直接面談するのは初めて。知事の求めに市長がどう答えるのかや、仮に応じない場合の県の対応も注目される。 「投票の機会をぜひつくっていただきたい。それに尽きる」。