私的な投資の損失を日産自動車に付け替えたなどとして、会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕された前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)は8日、東京地裁で開かれた勾留理由開示手続きで、英語で約10分にわたり「容疑はいわれのないものであることを明らかにしたい。無実だ。