【平安名純代・米国特約記者】米首都ワシントンのホワイトハウス前で7日(日本時間8日)、米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古沿岸部の埋め立て作業の一時停止を求める請願活動を始めた県系4世のロブ・カジワラさん(32)=ハワイ在住=らが集会を開き、「トランプ大統領は工事中止を」と声を張り上げた。