カルビー執行役員西日本事業本部長の石辺秀規氏が9日、沖縄県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、「ポテトチップス タコライス味」を21日から九州・沖縄の8県で発売すると報告した。3月上旬ごろまでの期間限定で、スーパーやコンビニ、カルビーの直営店、アンテナショップで販売する。

カルビーが21日に発売する「ポテトチップス タコライス味」

 47都道府県の「地元ならではの味」を開発する同社の「❤JPN(ラブジャパン)」プロジェクトの一環。県内からは昨年度の「中味汁味」に続く2品目。

 味の案をインターネット上で募り、県や金武町などの関係者の意見を聞きながら開発した。ほかに島とうがらしやゴーヤーチャンプルーの案も上がったが、「タコライスが沖縄発祥だと知らない人も増えており、新たな魅力発信にもつながる」としてタコライス味に決まったという。

 石辺氏は「地元の人にもこういう味があると再確認してもらえれば」とPRした。謝花副知事も「スパイシーで海外からの観光客にも受け入れられる味。多くの人に楽しんでもらって定番の商品になれば」と期待した。