県出身初のプロ囲碁棋士の時本壱(はじめ)九段(65)が、1月31日付でプロを引退した。那覇市出身。最高段位の九段は、県出身者では新垣武九段に次いで2人目。  時本さんは、1962年、宮下秀洋九段に師事。68年に入段、2005年九段になった。県出身の知念かおり四段ら門下生を育てた。