先▲八段 稲葉陽 (30歳)  △五段 黒沢怜生(26歳) 才能派同士  稲葉対黒沢。関西将棋会館で行われた本戦ベスト4入りを決める一番である。前期の本戦トーナメントで佐藤天彦名人や三浦弘行九段ら強豪を破って、挑戦者決定戦まで勝ち進んだ黒沢の活躍は記憶に新しい。