このところ、医療と哲学や文学などをつなぐメディカル・ヒューマニティーズ(医療人文学)という領域が注目されています。たとえば死を目前にした患者に医師はどう対応すべきか。答えを出すには科学の知見だけでは十分ではないようです。  とくに精神医療では、ある文学の概念が活用されています。