2018年1〜10月の八重山地区の観光客数は前年同期比0・7%減(8224人減)の118万9125人となり、3年ぶりに前年実績を下回っている。県八重山事務所によると、単月では同年6月以降5カ月連続で前年割れが続いた。台風などの悪天候や寄港先変更などクルーズ船の寄港回数が大きく減少したためだ。