「子どもの貧困対策推進法」の施行から5年を迎えるのを前に、超党派の議員連盟が法改正の検討を進めている。 内閣府の有識者会議も「子供の貧困対策大綱」見直しに向けての議論を始めた。 対象の拡大と取り組みの加速が急務である。