「僕はね、君が美しいから結婚したんじゃないよ」。夜の寝室、薄着の美しい妻(再婚)に向かって、いけしゃあしゃあと、無感情に言って退けるセックスレスなブルジョワ夫。ついさっきまで、若い女の尻を追っかけてたくせによく言うよ。男性って、皆そうなんですか?。その場を切り抜けるうそをいかに本当らしく言うか。そんなことに一生懸命な人生。何が楽しいんだか。くだらない。

マダムのおかしな晩餐会

 失礼、取り乱しました。物語の主役は、愛に飢えた自分を認めたくない美魔女マダム。晩餐会の人数合わせに、メイドのマリアをセレブだと偽り出席させたのが運の尽き。自分を飾り立てない陽気なマリアが、ダンディー紳士のハートを射抜き、寵愛を受ける姿に我慢ならない。

 セレブだから、美しいから愛されるわけじゃない…。そこへ夫のあの台詞。かける言葉も見つかりません。(桜坂劇場・下地久美子)

桜坂劇場で12日から公開予定