8時45分ごろ 辺野古沖で、市民がカヌー10艇で抗議行動を開始。海上保安庁の職員が市民を排除し、土砂を積んだ台船がK9護岸に接岸する 15時00分ごろ キャンプシュワブゲート前では本日3回目の資材搬入。市民約50人は「宝の海を残そう」「工事をやめて」と訴える。