福井県の40代男性僧侶が昨年9月に僧衣を着て車を運転、操作に支障を及ぼす恐れがあるとして交通反則切符(青切符)を切られ、全国の僧侶から抗議の声が上がっている。寺側は「服装が理由の取り締まりは初耳」と驚き、反則金の支払いを拒否。