厚生労働省の専門部会は10日、高齢者の肺炎予防に有効な肺炎球菌ワクチンの接種率を高めるため、経過措置として70歳以上を対象に実施してきた費用助成を5年間延長することを決めた。