南米大陸最高峰アコンカグア(6959メートル)への登頂とスキー滑降を目指している冒険家三浦雄一郎さん(86)の事務所は9日、登山計画の変更を発表した。三浦さんの体力温存が狙いで、一部でヘリコプターを使って日程を短縮する。これに伴い登頂は当初の現地時間21日から同20日へ前倒しとなる見通し。