写真は不思議なもので、「いま・ここ」しか写せないにもかかわらず、「いつか・どこか」を強く喚起することがある。それを改めて実感する写真展を見た。入江泰吉記念奈良市写真美術館で開かれた、野村恵子と古賀絵里子による2人展「Life Live Love」である。