りゅうぎん総合研究所(照屋保社長)は10日、2018年の県経済について「拡大の動きが強まった」と判断し、19年については「拡大の動きは緩やかとなる」との見通しを示した。19年は10月の消費増税により、消費関連が弱含みとなるほか、観光関連も影響を受けるという。