県中小企業団体中央会(島袋武会長)の新春講演会が10日、那覇市内のホテルであり、広島市信用組合の山本明弘理事長が「お互いをよく知り共に栄える」と題して講演した。同信組は、株式や投資信託などの販売による手数料収入ではなく、預・貸金業務に専念する特色ある金融機関として知られる。