【東京】名護市辺野古の新基地建設を巡り、国交相による埋め立て承認撤回の執行停止に関して審査する総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会(係争委)」の第2回会合が11日、総務省で開かれる。  県は国交相の撤回の執行停止を「違法な国の関与」として係争委に執行停止の取り消しを求めている。